_lethal dose

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.14[金] その腕の中、

29_20110114004830.jpg

Photo/ぐっさん


もう屍鬼が好きすぎて好きすぎて!
この情熱、どうしたらいい/^O^\

本当にぼっちなんだよ!合わせがしたいんだよ!
徹夏がしたい撮りたいしたい撮りたい。夏野さんが撮りたい、徹ちゃんが撮りたい。
夏野がいるなら徹ちゃんやりたいし、結城パパもやりたい。
夏野が本当にとんでもなく大好きなんです。夏野夏野!夏野が足りない。
沙子も撮りたい。静信で沙子を愛でたい思う存分^p^
敏夫さんとも合わせしたい。少年期もイイなほんと!
夏野と恵とか、徹ちゃんと律ちゃんとか、本当に大好き。みんな愛してる。


作品を好きになってくれる方はいるんだけどなぁ。
なかなか合わせまで漕ぎ着けません。なぜだ。押しが弱いのかorz頑張れ私。脱チキン。
関西では屍鬼レイヤーさん少ないんだろうか。
これはもう徳島に行くしかないな\^O^/徳島県民になりてぇ


屍鬼は本当に大好きなので元々ひとりでもやるつもりだったので
暫くぼっちでもめげずに頑張ろうと思います。
起き上がり仲間を探す!!友達作る!!みんな、屍鬼おもしろいよ、もっと好きになってくれ!!



以下、昨年末にリオシェリルに付き合ってもらって出してきた夏野さん貼りながら語ります^^
どれだけスクロールしてもユキトしか出てきません、本気でピンです。残念/^O^\
リオちゃん、撮り合いっこしてくれて本当にありがとうな!!!
ようやく初出しできて感動でした!

↓All Photo/リオ
109.jpg


アニメ最終回、関西でも終わりました。


なんだろう、すごく、湧き出る感情をどう処理していいのか分からない。
夏野の選択や、徹ちゃんと律ちゃんの最期、沙子の願い、静信の言葉、敏夫の決意、恵の夢。
どこを思い起こしても胸が痛い。


徹ちゃんと律ちゃんの姿を見つけた夏野は、何を思ったんだろう。
「日曜に、律ちゃんをドライブに誘おうと思うんだが…。勇気が出んのよ」
零した徹ちゃんの生きた姿が浮かんで、涙が止まらなかった。
二度目の死は完全な死で、起き上がることは、もうないんだと…。

眠っているような安らかで綺麗な姿ではなかったけれど。
傍らに寄り添ってくれた律ちゃんの存在が救いだった。
もしかしたら、「最初の死」より、徹ちゃんの心は穏やかに逝けたのかも知れない。
そうであって欲しいというのはただの祈りだけど。
律ちゃんが居てくれて、良かったね、徹ちゃん。


「夏野!」


名前を呼んで、笑う、徹ちゃん。
水蜘蛛の話をしてくれた徹ちゃん。
夏野の血を吸って、欲求と後悔と絶望の暗闇で泣く徹ちゃん。
毎日、花を捧げに来てくれた徹ちゃん。優しい、徹ちゃん。
大好きでした。大好きすぎて、苦しい。


54_20110114012035.jpg


「生きたいと思う心を、誰が責められるだろうか」


徹ちゃんも沙子も生きたくて、ただそれだけで。
それが罪であるだなんて誰がいえるだろう。
望まれない生なんて哀しすぎるから。
誰だって生きたいんだ。だから産まれて来た。
できるなら、望まれて生きていたかった。


76.jpg


沙子に、徹ちゃんに、
生きていいんだとできるなら言ってあげたい。
許されることではなくても。
生きること、
存在したいと思うこと、
それは罪ではないはずだ。罪であってはならないと。

誰だって何かを犠牲にしなければ生きられなくて、誰かのいのちのうえに存在している。そうでなくては生きられない。
奪って、自分の「今」という時間に代えている。
そのことを改めて自覚した。

だったら。
だからこそ最期まで、いのちであろうとするべきなんだ。
精一杯、生きようと、足掻いてみるべきなんだ。


どれだけこの世界が辛くても。
自分を終わらせたいと思っても。

だから誰も、悪くない。



133.jpg  162.jpg



―ありがとう、
私は貴方に殺されたかった。


だけど、
アベルを殺したカインの物語、室井さんのお話。
殺意は村へ対してではなく、自分への。
それにもすごく共鳴する部分があるんだ。
室井さんも、哀しいひと。
室井さんもまた、生きたかったのだと思う。
対比のようで、実はすごく混じり合ってる。
生きることは本当に、難しい。



58_20110114015748.jpg




それでも。


許される世界なら良かったと、
望んではいけませんか。

沙子も徹ちゃんも室井さんもありのままで生きられる世界。
夏野が悲しい決断を貫かなくても良い世界。
恵が好きな服を着ても笑われない世界。


違いを受け容れられる方法、探せたら良かった。
犠牲を必要とする隔たりは果てしないけれど。
違うもの、自分を傷つけるものを排除する事でしか自分を守れないのは本当にその通りだし、
譲れないものもある。
拒絶には慣れてしまうもので、切り捨てる事は容易い。
方法なんてないのかも知れないけれど。


せめて、
願うだけなら、いいよね。


拒絶されない、世界や繋がりを。





118.jpg  126.jpg
138_20110114025042.jpg




ああもっと話したいな。屍鬼について。
これ以上長くなると1ページが重くなるからこの辺で終わります。
もっと語りたいよ。また書きます。
なんかもう、自分の夏野しかなくてすみませんでした。

屍鬼は本当に、色んなキャラの側面から切り取って、深く作品作りをしていきたい。
何度も撮り続けたいし、やり続けたい。
これほど深く心に突き刺さった作品は久しぶりです。
出会えて良かったと本当に。
ここで言っても仕方ないけれど^^
お相手、探してます。見つかること、応援して下さったら嬉しいです。



ここまで読んでくださってありがとうございました。


夏野、お疲れ様だったね。
そこはもう、辛い世界ではないよね。
徹ちゃんと律ちゃんも居る世界だよね。
逢えますように。

「夏野!」

って、また呼んでもらえるといいね。






117_20110114023136.jpg

Copyright © ユキト。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。